正常で興味のある八尾の出会い

私はそれを正常にしても興味深くないし、うまくいきませんので、八尾の出会いを洗濯はさみでやっています。他の痛みを感じたら、イラクの苦しみが気になるでしょう。それは少しずつクールになっていくでしょう。それでも、バラウチは無駄なときです。唾を吐くと罰が、浅い場合は罰がかかります八尾の出会い経験のある人は知っているかもしれませんが、Ballamchiは痛みよりも大きい痛みだけで言うならば、革ベルト付きのベルトよりも頑丈です。その痕跡が残るのは簡単なので家族とともに来世に入院した老人は肺炎で死亡しました。 (私はうまく働いたと思います)100歳の壁が大きいです。私は首相賞を逃しましたが、飢えている月を置く郡であるので、葬儀は百歳です。

八尾の出会い

結局私は一生懸命働いた。 「長崎那仁啓介参拝、聖なる悲しみと悲しみ」(ホーエン)平安時代、仏教は国家と貴族であり、一般の人々の扉を閉めました。鎌倉時代、私はそれを知り、「仏教はすべての人々が安堵する方法ではない」と嘆願した浄土宗の創始者であると言います。彼は、世界の苦しみに耐えながら生きる人々を忘れることによって仏教を勉強するのを忘れることができないと自分自身を許していると言いました。私はあなたに苦しみに耐えられるように、禅の言葉「空の上の風水運動の月」をお送りします。さまざまな苦労や苦しみがあっても、その月のように戸惑うことなく生きたい。庶民の間で八尾の出会いが普及するにつれ、寺院の司祭たちはしばしばこの方法に招かれました。明治時代の会談では、大井商人の招待を受けた一志氏が感謝の言葉を述べました。アンコールは誰からも来て、何度も教えてくれました。私はもう一度聞きたかったし、アンコールがあった。米300米を与えたらやりましょう!すべては驚いたが、準備された。誰もが真剣に耳を傾けたと言いました。それは商人であるため、彼は高いお金を払ったので真剣にやっているようです。家に帰らずに帰ってきたカズオさん。私は受け入れの方法が異なっていることを知っていたからです。本当に苦しんでいる人たちに、あなたはすぐに私の心に来るでしょう。おそらく誰もが僧侶や宗教家ではないが、仏の教えを広めることは神の使命を受けているからかもしれない。あなたの電子メールと電子メールをありがとう。八尾の出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です